プロバスケットボールBリーグは6日、2021~22年シーズンの開幕節の対戦カードなどを発表し、B1宇都宮ブレックスは10月1、2の両日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)でB2から初昇格した群馬と開幕節を戦うことが決まった。

 今季は昨季と同様に東西の2地区制。B2から昇格した群馬、茨城の2チームが東地区に入ったため、富山が西地区に移り、両地区とも各11チームがチャンピオンシップ進出を懸けてレギュラーシーズンを戦う。

 B1は9月30日、沖縄県の沖縄アリーナで、琉球とA東京戦で開幕する。ブレックスの第2節は10月8、9の両日、ブレックスアリーナ宇都宮で川崎と対戦。第3節は10月16、17の両日、水戸市のアダストリアみとアリーナで茨城とぶつかる。第4節以降の日程は7月28日に発表される。