6月4日に坂西軽トラ市 14回目、荷台使って商品販売 足利

 【足利】県南地区で最大級の「あしかが坂西軽トラ市」が6月4日午前8時から正午まで、葉鹿町の千蔵院門前通りで開かれる。約300メートルを通行止めにし、軽トラックの荷台などを使って商品を販売。割安感に加え、売り手と買い手の距離も近いと好評だ。

 今回が14回目。坂西商工会と地元住民らが実行委員会を組織し、地域活性化を目的に毎年春と秋の2回開催している。同通りに青果物や総菜、衣料品など50店舗が並ぶ。

 特設ステージでは開会式に続き、マーチングバンドや二胡演奏、よさこいが披露されるほか、卵つかみ取り、抽選会、初めて実施される写真コンテストの案内ブースも設けられる。