頭頸部の名称

横島一彦医師

頭頸部の名称 横島一彦医師

 口腔(こうくう)や鼻などに発生する「頭頸部(けいぶ)がん」。他のがんと比べて少ないため、聞き慣れない人もいるだろう。頭頸部には日常生活を送る上で重要な機能を担う部位が集中しているため、がんの予防や早期発見が重要だ。県立がんセンター頭頸科長の横島一彦(よこしまかずひこ)医師(57)は「のどの痛みやつかえ、違和感、首や舌のしこり、声のかすれなどの症状が長引く場合には、早急に耳鼻咽喉科(がん専門病院では頭頸科)を受診してほしい」と呼び掛けている。7月は「頭頸部外科月間」。

 頭頸部とは、頭蓋底部から上縦隔(胸板の内側、気管の周囲)までを指す。これらの部位に生じるがんを頭頸部がんと呼び、口腔(こうくう)がん、鼻副鼻腔(ふくびくう)がん、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん、喉頭がん、大唾液腺がんなどがある。

 横島医師によると、国内での頭頸部がん発症は、がん全体の約5%のみ。「希少なため認知度が低く、診療や早期発見には難解な部分も多い」。例えば、舌がんのしこりを口内炎、咽頭がんによる喉の痛みを風邪などと自己判断し、悪化してから専門の病院を受診するケースも少なくない。