クリスティアン会長と画面越しにグータッチする福田知事(右)=5日夕、県庁

 東京五輪に出場するハンガリー選手団の事前合宿受け入れを巡り、福田富一(ふくだとみかず)知事は5日夕、同国五輪委員会のクルチャール・クリスティアン会長(50)とオンラインで会談し、本県と同国間の友好関係の発展や新型コロナウイルス感染対策への協力を呼び掛けた。

 両者にとって1年5カ月ぶりとなる会談は、通訳を介して約30分間行われた。

 「ヨーナポト(こんにちは)」。同国語で会話を切り出した福田知事は、合宿実施に謝意を示し「選手団に必ず満足してもらえる練習環境を提供する」と強調。その上で「全選手を無事に大会に送り出したい」と行動制限やPCR検査などの対策に理解を求め、「日本とハンガリーの選手が共に表彰台に上がる姿を期待する」とエールを送った。