就任会見で抱負を語る末永副知事=5日午後、県庁

 1日付で就任した末永洋之(すえながひろゆき)副知事(48)が5日、県庁で記者会見し、「国との調整を行う窓口になるほか、外の人間として県庁を客観的に見て建設的な提案を行っていく」と抱負を語った。

 岡山県倉敷市企画財政局長、鳥取県総務部長などを歴任し、本県が5カ所目の地方赴任。前職の内閣府地方分権改革推進室参事官では、地方団体と省庁の間に立ち、制度見直しや地方の困り事解消などを行ってきた。