新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 栃木県と宇都宮市は5日、新たに計14人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。宇都宮市内の事業所で、県内73例目となるクラスター(感染者集団)が発生し、職員6人の感染が判明した。

 県内の累計感染者数は7134人となった。これまでの感染者のうち、スクリーニング検査で「デルタ株」の疑いがある変異株も新たに3例確認された。

 新規感染者は20~70代の男女。居住地別では宇都宮市10人、さくら市、栃木市、益子町、壬生町各1人。