比江島慎

 日本バスケットボール協会は5日、東京五輪の男子代表12人をオンラインで発表し、宇都宮ブレックスからシューティングガードの比江島慎(30)が選ばれた。男子が同競技で五輪に出場するのは1976年モントリオール大会以来11大会ぶりで、比江島は初出場。これで県勢の五輪代表は過去最多の15人となった。

 過去の五輪で同競技の本県選手はモントリオール大会に出場した女子の生井けい子さん(栃木市出身)以来。

 代表候補だったブレックスの竹内公輔(36)、前ブレックスのライアン・ロシター(31)=A東京=は選ばれなかった。

 比江島以外の男子代表は次の通り。

 ▽富樫勇樹(千葉)▽八村塁(米NBAウィザーズ)▽ベンドラメ礼生(SR渋谷)▽渡辺雄太(米NBAラプターズ)▽金丸晃輔(島根)▽馬場雄大(豪NBLメルボルンユナイテッド)▽ギャビン・エドワーズ(千葉)▽田中大貴(A東京)▽シェーファー・アヴィ・幸樹(三河)▽渡辺飛勇(琉球)▽張本天傑(名古屋D)