喫茶サービスの技術を披露する選手=3日午前、宇都宮市若草1丁目

製品パッキングを行う競技参加者=3日午前、宇都宮市若草1丁目

クリーニング作業を行う競技参加者=3日午前、宇都宮市若草1丁目

クリーニング業務を行う競技参加者=3日午前、宇都宮市若草1丁目

喫茶サービスの技術を披露する選手=3日午前、宇都宮市若草1丁目 製品パッキングを行う競技参加者=3日午前、宇都宮市若草1丁目 クリーニング作業を行う競技参加者=3日午前、宇都宮市若草1丁目 クリーニング業務を行う競技参加者=3日午前、宇都宮市若草1丁目

 第20回県障害者技能競技大会「とちぎアビリンピック」が3日、宇都宮市若草1丁目の栃木職業能力開発促進センターなどで開かれ、特別支援学校の生徒らが、日頃培った職業技能の成果を発揮した。

 「ワード・プロセッサ」「喫茶サービス」「ビルクリーニング」「製品パッキング」など10種目あり、企業の従業員らも含め選手67人が、それぞれのエントリー種目で競った。