野球独立リーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、県営球場で首位の埼玉と対戦し17安打と打線がつながり、14-4で2試合ぶりの勝利を飾った。通算成績は17勝4分け14敗。順位は2位のまま。

 栃木GBは初回1死満塁から長南有航の右犠飛で先制。二回は斎藤尊志の左中間適時三塁打、若松聖覇の中前適時打で3点を追加。七回には代打の青木玲磨が左越え本塁打を放ち試合の大勢を決めた。

 先発右腕の堀越歩夢は立ち上がりに4者連続三振を奪う圧巻の投球。以降も直球と変化球のコンビネーションがさえ五回まで無失点。六、七回に失策絡みで失点を喫したが7回9奪三振、3失点の好投を見せ今季初白星を飾った。

 次戦は4日午後1時から、小山運動公園野球場で神奈川と対戦する。