「ヨークタウン足利」内にオープンした県内最大規模の無印良品=1日午後、足利市

 生活雑貨や食料品販売の「無印良品ヨークタウン足利」が1日、足利市朝倉町2丁目のヨークベニマルを中心店舗とするショッピングモール「ヨークタウン足利」にオープンした。無印良品の栃木県内出店は7カ所目。店舗面積は約1800平方メートルと県内最大規模で、品ぞろえも県内一という。

 従来のショッピングセンターへの出店ではなく、スーパーマーケットに隣接しての出店という新たな出店形態を採用した。無印良品とヨークベニマルとの協業は初めてという。

 無印良品は「土着化」を掲げ、各店が地域に溶け込み、地域を盛り上げる支援に取り組んでいる。

 今回の開店を記念して4日まで、足利市内でキラリと光るビジネスを展開する「あしかがフラワーパーク」「ココ・ファーム・ワイナリー」など9事業者を招いて商品を販売する「つながる市」を開いている。消費者と事業者、あるいは事業者同士などのつながり創出を目指す。

 川辺玲央(かわべれおん)店長は「お客さまが週に何度も来るスーパーとの協業店なので、他の無印良品とは違う、常にお客さまを飽きさせない新鮮で魅力的な売り場づくりに努めたい」と話している。