基礎体力のテストをするバックスの選手たち=日光体育館

 アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは1日、日光市相生町の日光体育館で今季初のチーム全体トレーニングを行い、2021-22年シーズン開幕に向けて始動した。

 練習には新加入のGKベンガート朗孟(ろまん)を除く選手19人が参加。藤澤悌史(ふじさわよしふみ)新監督が「人数は少なくても競争し合って意識を高く持とう」とあいさつし、昨季まで主将を務めたDF佐藤大翔(さとうひろと)が「今年は勝ちにこだわろう」と呼び掛けてスタートした。