県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(1日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(1日発表)

 栃木県と宇都宮市は1日、新たに計27人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。真岡市内の接待を伴う飲食店で、県内72例目となるクラスター(感染者集団)が発生し、従業員ら計5人の感染が判明した。県内の累計感染者数は7052人となった。また、スクリーニング検査で変異株「デルタ株」の疑いがある感染者も1人確認された。

 新規感染者は10歳未満~90代の男女。居住地別では宇都宮市10人、真岡市4人、市貝町、壬生町各2人、小山市、栃木市、下野市、大田原市、那須塩原市、高根沢町、茨城県、埼玉県、東京都各1人だった。

 クラスターは6月28~30日に従業員3人、利用客1人、店に出入りする関係者1人の陽性が判明した。マスク無しの会話や飲食、カラオケが原因と県は推定している。1日までに計9人の検査や検体採取を行った。

 デルタ株の感染疑いが確認されたのは20代男性。現時点では経路不明で、海外への渡航歴はないという。今後のゲノム解析でデルタ株と確定すれば県内5例目で、帰国者以外では初めてとなる。

 県と宇都宮市は1日、計64件検査(委託の未集計分は除く)。累計検査件数は30万4471件、退院者6812人、入院者118人、宿泊療養者65人、自宅療養者35人、入院調整中22人、重症者9人。