百名山の制覇の記録を自費出版 栃木の元教員・渡辺さん

 【栃木】今泉町1丁目の元教諭渡辺貞彦(わたなべさだひこ)さん(71)は、日本百名山を全座登頂した記録集「日本百名山への山旅 稜線(りょうせん)」(下野新聞社刊)300部を自費出版した。定年後、本格的に登山に打ち込み、昨年9月に100座登頂を達成。山行の様子や山にまつわるエピソード、山で味わった喜びなどを登頂順に記した。定年後の生きがいを求めている人や山登りを楽しむ人の参考になる一冊となっている。

 渡辺さんは2006年3月、宇都宮商業高校長で定年退職した。百名山初登頂は、高校3年の夏に登った男体山。在職中もストレス解消と健康のため山を歩くことはあったが、本格的な登山は07年に知人の紹介で市内の山岳愛好者でつくる「栃木山岳会」に入会してからだ。

 渡辺さんは「定年後の生き方の一つとして参考にしてもらえればいい。今後は200名山、300名山を目指したい」と意気込んでいる。