日本バレーボール協会は30日、オンラインによる記者会見で東京五輪の女子日本代表12人を発表し、宇都宮市出身の黒後愛(23)=東レ=が選出された。黒後は初の五輪出場。これで県勢の五輪代表は14人となり、2008年の北京五輪を上回り過去最多となった。