過去の那須高原ロングライドで走る参加者たち(実行委員会提供)

 【那須】県内最大規模のサイクリングイベント「那須高原ロングライドwith那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2021」が8月22日、町と那須塩原市、福島県白河市の1町2市を舞台に開かれる。新型コロナウイルス禍により開催は2年ぶり。

 同イベント実行委員会が主催し、今回で10回目。那須地域を自転車で回り、各地の名所やご当地グルメなどを楽しむ。

 今回は東日本大震災の復興応援企画として、初めて白河市と協力。同市内の国指定史跡・小峰城跡などを見ながら市街地まで走る新コース「白河ラーメン65」を含め、寺子乙の余笹川ふれあい公園を発着点とした45~110キロを巡る計6種類のコースを用意した。

 感染防止対策を徹底し、参加人数は例年の半分程度の1650人に制限する。実行委の高根沢武一(たかねざわたけいち)会長は「参加者とともに地域振興や復興応援を分かち合いたい」と話す。

 参加希望者は7月3~11日、同イベントの公式ホームページから応募する。町のふるさと納税返礼品としての参加枠もあり、同31日まで受け付ける。

 (問)同実行委0287・73・8331。