メガソーラー反対、市議会に署名6931人分提出 日光の市民団体 

 【日光】鹿沼との市境で建設が計画されている民間の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)を巡り、建設反対運動団体「横根高原の自然を守る日光市民の会」は16日、建設差し止めの措置を求める陳情書と6931人分の署名を田村耕作(たむらこうさく)市議会議長に提出した。

 陳情書では、メガソーラー建設で前日光県立自然公園内・横根高原の自然が破壊され、水源涵養(かんよう)や熱吸収の機能が損なわれると指摘。市に対して必要な対策を講じるよう働き掛けることなどを求めている。同様の陳情は鹿沼市側の反対団体も行った。