新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 国土交通省は28日、宇都宮国道事務所に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 同省によると、職員は県内在住。25日にPCR検査を受けて感染が判明した。最終出勤日は23日で、勤務中に熱などの症状はなかったという。同僚複数人が濃厚接触者として検査を受けたが、いずれも陰性だった。職場の消毒は実施済み。