遠心分離機で採取した蜂蜜を取り出す生徒たち

蜂蜜を試食する生徒たち

遠心分離機で採取した蜂蜜を取り出す生徒たち 蜂蜜を試食する生徒たち

 【小山】小山北桜高の開校50周年記念式典の土産にしようと、同校で飼育しているミツバチの巣箱からの採蜜が24日、今季初めて行われた。50年前に卒業生たちが植えた桜やクリ、栽培しているナシなどの花から採蜜しており、爽やかな甘さが特徴。搾りたてを試食した生徒たちは「あまーい」「おいしい」などと感嘆の声を上げていた。土産品には、蜂蜜入りのクッキーを検討しているという。

 同校が養蜂に取り組み始めて2年目。園芸科学、造園土木、建築システム、総合ビジネス、生活文化の全5学科がそれぞれの専門性を生かし「北桜高ミツバチプロジェクト」を結成。巣箱の製作、ミツバチの飼育、蜜源となる樹木の調査、蜂蜜容器の選定やラベルのデザインなどを生徒自ら手掛けた。