水源施設拠点施設の建設予定地

施設内に設けられる温浴施設のイメージ

水源地域振興拠点施設の予定地

水源施設拠点施設の建設予定地 施設内に設けられる温浴施設のイメージ 水源地域振興拠点施設の予定地

 鹿沼市が思川開発事業(南摩ダム)に伴い上南摩地区に整備する公設民営の水源地域振興拠点施設の概要が26日までに固まり、指定管理予定者にアウトドアブランドのスノーピーク(新潟県三条市)が選ばれた。同社は関東初直営のキャンプフィールドとして、約90のテントサイトや物販・温浴施設を運営する。2024年春オープン予定で、人気ブランドが手掛ける施設は地域活性化の新たな目玉になりそうだ。

 同社は新潟、北海道、大阪、高知、大分の5道府県6カ所でキャンプフィールドを直営している。同地区の首都圏からのアクセスの良さなどに着目し、今春の指定管理者プロポーザルに応募。参加5社から選定された。