市民会館大ホールで取材するメンバー

 【足利】30日で55年の歴史に幕を閉じる市民会館にまつわる市民の記憶を次代へつなごうと、市ゆかりの若手文化人らがメモリアルブック「未来へつづく本」の制作準備を進めている。メンバーで市出身の映画監督菊地健雄(きくちたけお)さん(43)は「多くの市民に愛された場所。建物がなくなっても、思いを引き継げるような本にしたい」と話す。同日までクラウドファンディングで資金を募っている。

 同会館は1966年開館。文化施設としてだけでなく、結婚式や学校行事などにも使われ、市民の暮らしと密接に関わってきた。

 メモリアルブック制作は、足利を盛り上げようと同会館で座談会「ロイアルナイト」を開いた若手文化人が呼び掛け、始動した。

 ライターやカメラマン、イラストレーターなど多彩な職種のメンバーが、7月に始まる解体を前に同会館の撮影や取材を進めている。幅広い世代の市民から同会館にまつわるエピソードも取材し、誰もが自らを投影して読めるような「市民会館物語」をまとめる。