サッカーJ2第20節の栃木SCは26日、東京都調布市の味の素スタジアムで東京Vと対戦、1-2で敗れた。痛恨の連敗で5試合勝ちなし。通算成績は4勝8分け8敗の勝ち点20。

 栃木SCは前半16分、19試合ぶり先発出場のFW畑潤基が加入後初ゴールを決めて先制。しかし、後半は東京Vの猛攻しのげず13分、18分と連続で失点した。その後は選手交代などで逆転を狙ったものの、一度失った流れは戻らなかった。