カフェを開く田園地帯と敬二朗さん

 【那須】寺子乙、農業井上敬二朗(いのうえけいじろう)さん(42)と妻真梨子(まりこ)さん(39)が26日、同所の田園地帯にキッチンカーを置いた野外カフェ「田んカフェ」をオープンする。同日1日間の開店後、7月末から2週間に1回程度の不定期営業をしていく。

 井上さん夫婦は2018年、岡山県から町出身の真梨子さんの実家へ移住し、米農家を継いだ。そこで低下する米の需要や生産者の減少など、厳しい現実に直面。米離れを食い止め、農業の魅力と現状を知ってもらう一助にしようとカフェの開店を考えた。

 田んカフェは、自宅近くの田んぼに囲まれた場所で開く。晴れていれば那須連山を望める。クラウドファンディングで集めた100万円で購入したキッチンカーやテーブルセットを設置。コーヒー(500円)、地元のコシヒカリと牛乳を使った甘酒のミルク割り(600円)などを販売する。ギターの演奏会も行う。

 敬二朗さんは「田んぼの役割は米作りだけでなく、日本の原風景や自然環境維持などに一役買っている」と話している。

 26日の営業時間は午前9時~午後3時。雨天休業。国道4号桜久保交差点から東約1キロ、寺子乙1593付近。(問)井上さん方0287・73・8363。