新たに建設される複合型直売施設の完成予想図

 国産青果物の卸・加工を手掛ける東京フード(佐野市赤坂町、塚越恒美(つかごしつねみ)社長)は、焼き芋や干し芋製品の直売施設「いも家kaneki(カネキ)ラボ」(仮称)を本社隣接地に建設する。7月初旬に着工し、11月の完成を目指す。焼き芋・干し芋を作る調理室やセミナー室を設け、複合型施設にし、サツマイモ製品の魅力を発信していく。

 施設の整備について、同社は「サツマイモ製品の良さを地元で知ってもらい、地域産業との連携を図る拠点にするのが狙い」と説明する。