若者、女性の就職率好調 宇都宮市のマッチング事業で成果

 【宇都宮】就職を目指す若者や女性を支援しようと、市が民間企業に委託して取り組む「若年者雇用マッチング事業」「女性再就職マッチング事業」が成果を挙げている。パソコン研修や適性相談などのプログラムを通し、2016年度は若い男女受講者13人中10人が、女性は12人中10人が就職。就職者の割合が、前年度より共に約20ポイント上昇した。市は本年度も両事業を実施し、働きたい若者や女性の就職を後押しする。

 市が若年者雇用マッチング事業を始めたのは2014年度。正規雇用を目指す45歳未満を対象に、3カ月間のプログラムを実施。キャリアカウンセリングやパソコン研修、ビジネスマナーなどのセミナーのほか職場見学、企業との面談などを行っている。

 年2回の開催で、14年度は20人が受講。55%に当たる11人が就職した。15年度は12人中7人(58%)、16年度は13人中10人(77%)の雇用が実現した。

 15年度にスタートした女性再就職マッチング事業は、出産や育児などで職を離れた女性を応援するプログラム。期間は1カ月(初年度は約3カ月実施)で、パソコン講座など座学やセミナー、就職先の紹介、職場体験などを行っている。女性が参加しやすいよう託児付き。

 若年者向け同様、年2回の開催で、15年度は11人中7人(64%)、16年度は12人中10人(83%)が再就職を果たした。