ヤシオマスを持つ手塚さん(右)といただきマスを持つ神山さん(左)

【大田原】乙連沢(おとれざわ)の管理釣り場「アングラーズパーク キングフィッシャー」は26日、本県特産のヤシオマスなどブランドマスの釣りを期間限定で楽しむ「栃木の倅(せがれ)コラボイベント」を同所で始める。7月18日までの土日開催。水産業を親から継ぐ3人の「倅」が企画し、新型コロナウイルス禍で人気が高まる釣りを通して本県の魅力アップを狙う。

 企画したのは、同釣り場を営む手塚史規(てづかふみのり)さん(27)、さくら市早乙女、荒川養殖漁業生産組合の職員塩野尚史(しおのひさし)さん(35)、日光市足尾町、神山水産の社員神山勇人(かみやまゆうと)さん(26)の3人。それぞれ親の仕事を継ぐ倅(せがれ)だ。