6回のピンチにマウンドに集まる足利ナイン=清原

5回、宇商の和田が中越えの二塁打を放ち、一走・川口敦(右)がホームイン=栃木市営

5回、矢板中央の田鎖がコールド勝ちを決める2点本塁打を放つ=清原

1回、宇工の斎藤が左越えに先制の2点本塁打を放ちホームイン=清原

6回、ソロ本塁打を放ち、笑顔でベースを回る佐野東の柿沼=栃木市営

6回のピンチにマウンドに集まる足利ナイン=清原 5回、宇商の和田が中越えの二塁打を放ち、一走・川口敦(右)がホームイン=栃木市営 5回、矢板中央の田鎖がコールド勝ちを決める2点本塁打を放つ=清原 1回、宇工の斎藤が左越えに先制の2点本塁打を放ちホームイン=清原 6回、ソロ本塁打を放ち、笑顔でベースを回る佐野東の柿沼=栃木市営

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会第2日は7日、清原、栃木市営両球場で1回戦5試合を行い、今春のセンバツ甲子園で16強入りした国学栃木や宇商、宇工、矢板中央などが2回戦に駒を進めた。

 国学栃木は7-0の七回コールドで足利を破った。初回に3番青木寿修(あおきひさなが)の左越え本塁打で先制し、六回は3者連続の長短打で3点を追加した。守っても3投手の継投で無失点に抑え、盤石の強さを見せつけた。

 宇商は4-3で栃商との接戦をものにした。五回に和田流雲(わだりゅううん)の中前適時二塁打などで3点を先制。最終回に1点差まで追い上げられたが、黒沢誠泰(くろさわともやす)が踏ん張った。

 宇工は鹿沼南に10-0で五回コールド勝ち。那須、馬頭、益子芳星、足利南の4校で結成した連合チームは矢板中央に1-12で五回コールド負けした。

 大会第3日は8日、清原、栃木市営の両球場で1回戦5試合を行う。昨夏の県王者で大会8連覇を狙う作新は清原球場で午前9時から、那須清峰と対戦する。