回収命令が出た白菜キムチ(県提供)

 県は7日、真岡市内の製造者が製造した白菜キムチから腸管出血性大腸菌O26を検出したとして、食品衛生法に基づく回収命令を出した。

 県保健福祉部によると、回収対象の白菜キムチは450グラム入り15袋で、19日が賞味期限。益子町長堤の「道の駅ましこ」で1~4日に8袋が販売された。残りの7袋は回収済みという。