» 動画ページへ

出荷が進む「日光みやび」=23日午前6時、日光市板橋

 日光市内の花き生産農家で、リンドウの出荷が進んでいる。同市板橋、大嶋昭彦(おおしまあきひこ)さん(40)方では早朝から作業に追われている。

 大嶋さん方ではJAかみつが日光花き部会オリジナル品種で紫色の「日光みやび」や白色の「ピュアホワイト」などを栽培。春先の気温が高かったため例年より少し早い5月下旬に初出荷を迎えた。

 23日もハウス内で育った花を丁寧に摘み取っていった。大嶋さんは「作業は7月上旬まで続く。一生懸命育てているので、家庭などで飾ってほしい」と話した。

 リンドウはJAかみつがを通して全国に出荷される。