» 動画ページへ

力強いパフォーマンスを披露する尊徳太鼓保存会の6人

 真岡市は23日、埼玉県で5月末に開かれた「太鼓祭 第二回全国七人制和太鼓選手権大会」の女子の部で初優勝した「尊徳太鼓保存会」に市長特別賞「功労賞」を贈った。

Web写真館に別カットの写真

 市役所の屋外スペースで行われた贈呈式には、大会に出場した10~40代のメンバー6人が出席。石坂真一(いしざかしんいち)市長が代表者にクリスタル製記念盾を手渡し、「全国優勝という素晴らしい成果を上げた」とたたえた。

 その後、メンバーが長胴太鼓としの笛を使い、大会で演奏した「天地」を披露。全身をダイナミックに使って迫力ある重低音を響かせ、市職員らから大きな拍手が送られた。

 柴山友紀(しばやまゆうき)さん(29)は「このような賞をいただき感無量。これからさらに練習に励み、パワーアップしていきたい」と話した。