県が公表している高齢者向け新型コロナウイルスワクチンの接種状況によると、県内で1回目接種を終えた人の割合は20日時点で34・61%となった。25市町のうち1回目の接種率が最も高かったのは真岡市の65・35%、足利市が最も低い21・05%だった。

 2回目は茂木町が35・67%で最高となった一方、宇都宮市は2・09%で最も低かった。接種率は国の「ワクチン接種記録システム(VRS)」に基づくデータで、入力遅れなどにより最新状況が反映されていない市町もある。

県内の65歳以上のワクチン接種状況(20日時点)