ソフトボール女子決勝 6回、矢板中央の山口が決勝点となる中犠飛を放つ=大田原グリーンパーク

ソフトボール女子優勝の矢板中央

ソフトボール男子優勝の白鴎足利(県高体連ソフトボール専門部提供)

ソフトボール女子決勝 6回、矢板中央の山口が決勝点となる中犠飛を放つ=大田原グリーンパーク ソフトボール女子優勝の矢板中央 ソフトボール男子優勝の白鴎足利(県高体連ソフトボール専門部提供)

 全国高校総体(インターハイ)県予選は21日までに、大田原グリーンパークほかでソフトボール、レスリングなどを行った。

 ソフトボール女子決勝は、矢板中央が1-0で宇都宮文星女を撃破。初の女王に輝くとともに、県新人大会、県総体と合わせ3大会連続優勝を達成した。矢板中央は0-0で迎えた六回、益子那南(ましこななみ)の三塁打と山口歩美(やまぐちあゆみ)の中犠飛で先制。先発小藤莉愛(こふじれいあ)は被安打1で完封し、1点を守り抜いた。

 男子決勝は、白鴎大足利が足利工に21-6でコールド勝ち。6大会連続11度目の優勝を飾った。