野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、神奈川県小田原市の小田原球場で神奈川と対戦し5-3で逆転勝ちした。通算13勝4分け13敗で順位は2位のまま。

 栃木GBは二回、相手失策で先制するが、四回に先発の村中恭兵が2失点。それでも七回に谷田部翔太の適時内野安打で同点に追い付いた。その直後に勝ち越されたが、八回、若松聖覇が適時二塁打を放って同点。九回は犠打と相手野選の間に勝ち越した。

 次戦は23日午後5時から、神奈川県横須賀市の横須賀スタジアムで神奈川と対戦する。