後半12分、栃木SCのMF松岡がシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ

 サッカーJ2第19節は19日、各地で6試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで長崎と対戦、0-2で敗れた。5試合ぶりの黒星で通算4勝8分け7敗、勝ち点20。順位は16位に後退した。

    ◇    ◇

 前線からの守備、中盤での切り替えの早さ、落ちない運動量。現状の栃木SCでやれることはやり切った。それでも2失点の完敗。「悔しいけど、準備していたことを選手たちはやってくれた」。田坂和昭(たさかかずあき)監督の言葉が寂しく響いた。