JR宇都宮線などに投入される新型車両「E131系」の外観イメージ(JR東日本大宮支社提供)

 JR東日本大宮支社は17日、宇都宮市内で記者会見し、新型車両「E131系」を2022年春ごろ、宇都宮線(小山-黒磯駅間)と日光線(宇都宮-日光駅間)に県内で初めて導入すると発表した。

 既存の「205系」の使用が長期化しているのを受けた導入で、3両編成を15編成、計45両を新造する。