卓球男子団体決勝 シングルス戦でスマッシュを放つ青藍泰斗の中川=県北体育館

男子団体優勝の青藍泰斗

女子団体優勝の真女

卓球男子団体決勝 シングルス戦でスマッシュを放つ青藍泰斗の中川=県北体育館 男子団体優勝の青藍泰斗 女子団体優勝の真女

 全国高校総体(インターハイ)卓球予選は17日、大田原市の県北体育館を行い、男子団体は青藍泰斗が決勝で作新学院を熱戦の末に下し、5年ぶりの頂点に輝いた。女子団体は真岡女が2大会連続で優勝した。

 男子の青藍泰斗は神郡元希(かんごおりげんき)、中川龍馬(なかがわりゅうま)の3年生がシングルス戦、ダブルス戦共に奮闘。決勝は2人で3勝して全国切符をつかんだ。女子の真岡女は5月の県高校総体決勝で敗れた宇都宮文星女に決勝で雪辱を果たした。

 男女の優勝校は8月12~17日に富山市で開催されるインターハイに出場する。