初めて行われた意見交換会

 【那珂川】馬頭高で15日、同校生徒会と町議会による初めての意見交換会が開かれた。若者に政治を身近に感じてもらいたいと、町議会側の提案で実現した。全町議11人と生徒会役員の2、3年生11人が2班に分かれ、「私たちのくらしと議会」をテーマに率直な議論を交わし、互いに新たな「気付き」の機会とした。

 意見交換会の冒頭、発案者の鈴木繁(すずきしげる)議長は「国が選挙権年齢を18歳に引き下げたのは、若者に少しでも政治に関わってほしいとの願いから。人口減少や少子高齢化が重要課題となる中、貴重な意見聴取の場としたい」とあいさつした。