仮想通貨を獲得する手段の「マイニング(採掘)」を、他人のパソコンを使って無断で行ったとして、県警サイバー犯罪対策課と佐野署が不正指令電磁的記録保管・同供用の疑いで岐阜県瑞穂市、30代の無職男性を書類送検していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。県警単独で仮想通貨の不正採掘を摘発するのは初めてという。