初優勝を飾った歌川=レイクランドCC18番

初優勝を飾った歌川=レイクランドCC18番

初優勝を飾った歌川=レイクランドCC18番 初優勝を飾った歌川=レイクランドCC18番

 第6回県ミッドシニアゴルフ選手権大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ連盟シニア会主催、下野新聞社など後援)は11日、宇都宮市のレイクランドCC(6284ヤード、パー72)で行われ、65歳以上で争われるメインの総合の部は歌川康広(うたがわやすひろ)(宇都宮)が1アンダー71で初優勝を飾った。

 快晴、微風の好コンディションの中、133選手が白熱した戦いを展開した。アウトスタートの歌川はショットが好調。各選手が硬く速いグリーンに苦しむ中、パープレー36でトップタイに躍り出た。インでも安定したゴルフを展開。17番パー3でこの日三つ目のバーディーを奪い35。通算3バーディー2ボギーの71で、2位に3打差をつけて悠々と逃げ切った。

 2オーバー74で2人が並んだが、マッチングスコア方式により2位に大塚俊男(おおつかとしお)(宇都宮)、3位に舟岡誠(ふなおかまこと)(那須塩原)が入った。

 70~74歳の部は鈴木由行(すずきよしゆき)(栃木)、75歳以上の部は鈴木英利(すずきひでとし)(宇都宮)がそれぞれ制した。