防災道の駅に選定された「道の駅みぶ」=11日午後、壬生町国谷

 国土交通省は11日、全国の道の駅のうち壬生町国谷の「みちの駅みぶ」など36道県39カ所を災害時の広域拠点となる「防災道の駅」に初めて選定したと発表した。最大で5年間、交付金を活用して施設の耐震化や非常用電源の設置などのハード面を整備・強化するほか、防災訓練の実施などのソフト面も含めて重点支援する。今後も追加選定を進め、都道府県ごとに1~2カ所程度、全国で計約100カ所に拡大する。

 防災道の駅は、都道府県が地域防災計画などで広域的な防災拠点と位置付けている道の駅の中から、2500平方メートル以上の駐車場を備えることなどを要件に選定した。大規模災害時の自衛隊などの広域的な救援活動拠点になることなどを想定している。