本年度から65歳以上が支払う県内市町の介護保険料(基準額)は月平均で1人当たり5656円となり、前期の5496円より160円増え、制度が始まった2000年度の2倍超になったことが11日、県のまとめで分かった。介護保険サービスの利用増加などが押し上げており、高齢化の急速な進展を印象付けた。最高は上三川町の6080円で、最低は日光市の4800円。

 厚生労働省によると、全国の自治体の介護保険料は月9800~3300円。平均は6014円で本県は358円下回った。

第8期(2021~23年度)の市町別介護保険料基準額