栃木県総合運動公園東エリアの「日環アリーナ栃木」を管理するグリーナとちぎは9日、屋内水泳場の監視員として働く職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この職員は2日から微熱が出たり下がったりしていたという。6日まで出勤し、9日に感染が判明した。

 グリーナとちぎは2~9日に施設を利用した人で、発熱などの症状が出た人に対し、かかりつけ医や最寄りの医療機関への相談を呼び掛けている。メインアリーナやサブアリーナを含む東エリアの施設は、9日夕から休館とした。保健所の指示に従い、再開時期を決める。