特殊詐欺を未然に防いだ鈴木さん(中央)

 【下野】特殊詐欺被害を未然に防いだとして下野署は24日、ファミリーマート岡本国分寺店の従業員鈴木泰斗(すずきたいと)さん(27)=写真中央=に感謝状を贈った。

 鈴木さんは3日、来店した60代男性が「パソコンがウイルスに感染してしまい電子マネーが必要」などと言っていることを不審に思い、110番するよう促した。

 過去1年間で特殊詐欺被害を防止したのは2度目となったため、県警の大貫良之(おおぬきよしゆき)生活安全部長から「声掛けマイスター」に委嘱された。委嘱状とバッジを贈られた鈴木さんは「いつも店長から『やり過ぎだ』と言われるくらい声掛けをしている。これからも続けたい」と話した。

 声掛けマイスターは県警独自の制度。委嘱者は鈴木さんで計37人になった。