カラフルなスカシユリが並ぶ展示温室

 【栃木】岩舟町下津原のとちぎ花センターは、県内で切り花用に生産されているスカシユリ全25品種の展示を行っている。20日ごろまで。

 本県から年間約282万本出荷されるユリの切り花を多くの人に知ってもらおうと初めて企画した。生産者から球根を譲り受け、同センターが計約1200本を栽培した。

 約250平方メートルの展示温室内には、カラフルなスカシユリのほか、香りの強いオリエンタルユリも並ぶ。訪れた人は、大きさや形などが異なるユリを見比べて楽しんでいる。

 5日に訪れた宇都宮市若松原2丁目、無職小山豊(こやまゆたか)さん(68)は「県内でユリが栽培されているとは知らなかった。豪華な花だ」と話した。午前9時~午後5時。月曜休園。(問)同センター0282・55・5775。