【大田原】市長ら三役の給与を2020年度から当面の間、20%減額するとしてきた市は、減額期間を本年度末までとする方針を決めた。14日開会の定例市議会に給与条例の改正案を提出する。

 津久井富雄市長が7日の定例記者会見で明らかにした。来年度以降の減額は今後の財政状況を踏まえ、改めて検討する。