野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は6日、佐野市運動公園野球場で茨城と対戦し、11-6で逆転勝ちした。逆転勝ちは5日の新潟戦に続いて2戦連続。通算12勝3分け12敗で順位は2位のまま。

 栃木GBは2点先制された直後の二回、叺田本気と青木玲磨の適時打で逆転。1点を追う六回にも大貫礼央と若松聖覇が2点適時打を放つなど打者一巡の攻撃で一挙4点を奪って逆転した。

 投手陣は先発堀越歩夢が5回5失点だったが、六回は塩満瑛斗がピンチを背負いながら無失点。リードした七回以降は3人の継投で逃げ切った。

 次戦は9日午後4時から、小山運動公園野球場で茨城と対戦する。