見頃を迎えているツツジ

見頃を迎えているツツジ

見頃を迎えているツツジ 見頃を迎えているツツジ

 栃木県矢板市の高原山中腹に位置する八方ケ原の大間々駐車場周辺で、レンゲツツジやヤマツツジが見頃を迎えている。

 八方ケ原はツツジの名所として知られ、レンゲツツジだけで約20万株が群生する。市商工観光課によると、同駐車場周辺ではレンゲツツジが見頃の初め、ヤマツツジが見頃の終わりとなっており、今週いっぱいは楽しめそうだという

 5日はハイカーや観光客が訪れ、前日の大雨にも負けずに咲き誇る花を写真に収めたり、展望台から周囲を一望したりしていた。

 夫婦で訪れた宇都宮市中岡本町、医師松井淳一(まついじゅんいち)さん(66)は「久しぶりに八方ケ原に来たが、ちょうどいいタイミングできれいなツツジが見られてよかった」と笑顔で話した。