野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は5日、新潟県の新潟市みどりと森の運動公園野球場で新潟と対戦し、9-5で逆転勝ちした。5試合ぶりの勝利で通算成績は11勝3分12敗で順位は2位に浮上した。

 栃木GBは4点を先制された直後の四回、佐々木斗夢と青木玲磨の連続適時打で3点を返し、佐藤翔の遊ゴロと相手の暴投で逆転した。さらに五、七回にも追加点を挙げ、八回1死一、二塁から若松聖覇の2点適時二塁打で突き放した。

 投手陣は先発の内林瑞貴が三回に4失点したが、以降は立ち直って六回までの3イニングを無失点。七回以降は継投で相手の反撃をかわした。

 次戦は6日午後1時から佐野市運動公園野球場で茨城と対戦する。