陸上女子1年800メートル 大会記録をマークした真岡の長島(右)=栃木市総合運動公園陸上競技場

 県中学春季スポーツは4日、栃木市総合運動公園陸上競技場ほかで陸上、ハンドボール、剣道などを行った。

 陸上女子1年800メートルは、優勝の長島彩音(ながしまあやね)(真岡)ら上位2選手が、男子共通800メートルは優勝した梅原俊太(うめはらしゅんた)(間々田)ら上位3選手がそれぞれ大会記録の快走を披露。同1500、3000メートルは大島福(おおしまふく)(厚崎)が2冠を果たした。

 ハンドボールは男子決勝で、野木がエース田村夢季(たむらいぶき)らの活躍で大平南を下し6年ぶりの王座。女子決勝は小山三が野木を破って2年前の前回大会に続き2大会連続で頂点に立った。

 剣道男子個人は壬生の高松宥人(たかまつひろと)が初優勝。女子団体は小山三が決勝で壬生に圧勝し、栄冠をつかんだ。