自民党県連の公募による衆院栃木2区公認候補予定者が4日、正式決定した。本県で唯一議席の無い2区で「勝てる候補」を選ぶ選考が、結果として党内にしこりを残した。

 西川公也(にしかわこうや)元農相が4月に不出馬を表明した翌日、長男の鎭央(やすお)県議の後援会総連合会が、鎭央氏に公募に応募するよう要請した。「後継者が息子になることを条件に、不出馬を表明したのだろう」。当初、関係者はこう推測していた。

 しかし、県議会で議長経験があり政務調査会長の五十嵐(いがらし)清(きよし)氏が公募に応募したことで、状況が一変した。西川氏側は2区の自民地域支部長や市町議らが相次いで地元の意思を尊重するよう県連に申し入れたが、選考委員会は五十嵐氏を選出。「選考委員会への圧力」と嫌悪する委員もいた。

 一方、今回の公募では過去に行われた予備選が実施されなかった。西川氏や県連副会長の板橋一好(いたばしかずよし)県議が選考過程に異議を唱える理由となった。

 衆院選が目前に迫り、党が一枚岩にならなければならない状況で生まれた不協和音。今後も混乱が続けば、2区だけでなく県連全体に悪影響を及ぼす恐れもある。