卓球女子シングルス決勝 文星付の佐久間がフォアスマッシュを決める=日環アリーナ栃木

卓球男子シングルス決勝 文星付の星がバックハンドで返す=日環アリーナ栃木

男子準優勝の太田

女子準優勝の田村

卓球女子シングルス決勝 文星付の佐久間がフォアスマッシュを決める=日環アリーナ栃木 卓球男子シングルス決勝 文星付の星がバックハンドで返す=日環アリーナ栃木 男子準優勝の太田 女子準優勝の田村

 県中学春季スポーツは3日、宇都宮市体育館ほかでバドミントン、卓球、剣道などを行った。

 男女団体を行ったバドミントンは男子の若松原が初優勝を飾り、女子は小山二が2年前の前回大会に続き2大会連続優勝。若松原は決勝で前回王者の旭を2-1で下した。小山二は決勝で鬼怒を2-1で退けた。

 卓球は男女シングルスを行い、男子は星和志(ほしかずし)、女子は佐久間芽生(さくまめい)が制し、文星芸大付勢がアベック優勝。星は決勝で太田聖斗(おおたきよと)(国分寺)に2-1で勝利。準決勝を0-2から逆転勝ちした佐久間は、決勝で田村優花(たむらゆうか)(北押原)を3-1で下した。

 剣道男子団体は壬生が頂点に立ち、女子個人は大河原彩香(おおかわらあやか)(小山三)が栄冠を手にした。